うつ病について

男性特有の病気紹介サイト

うつ病について

うつ病について

現在では一般的な認知度が増えた事により、病気と認識されているが、以前は十分な理解が得られる事はすくなく、怠け病と呼ばれることもあった。

日本でかつて使われていたドイツの精神医学では、うつは内因性疾患に分類されていた。
従来は診断において、こころの病気である神経症性のうつ病と、脳の病気である内因性うつ病と別々に分類されてきたが、 現在の操作的診断では原因を問わないため、うつ病は脳と心の両面から起こるとされている。

脳の病気として見るならば、セロトニンやノルアドレナリンの不足が考えられる。
脳内に不足しているドーパミン・ノルアドレナリン・セロトニンなどの分泌を促進させる薬物治療を行う。
これが心療内科や精神科における主流のうつ病治療になっている。

うつ病は、あまり生活に支障をきたさないような軽症例もあれば、自殺企図など生命に関わるような重症例まで存在する。うつ病を反復する症例では、20年間の経過観察で自殺率は10%程度とされている。
男女比では、男性より女性のほうが2倍ほどうつ病になりやすいと言われている。

うつ自体はしっかりと治療に専念し、治すべく病気であるが、薬物に対する依存が見受けられる場合もある。
今後より適切な診断がされる様検討がなされている。

copyright(C)男性特有の病気紹介サイト